八丁堀出張マッサージがおすすめです

出張マッサージ師は女性の方が多いと感じています。
確かに、女性特有の細やかな気配りや癒やしを感じさせてくれる雰囲気は女性マッサージ師ならではです。
また、出張マッサージの主要な客層は仕事で疲れをためた中年男性ということもあり、若い女性の方が話していて楽しめるという事情もあることでしょう。
出張マッサージ師に女性が多いのにはそうした事情があるようです。
しかし、本格的なマッサージで日々の疲れを解消したいならば男性マッサージ師が断然おすすめです。
男性マッサージ師の強みは力。
大きく力強い手を使ってツボをグイグイと刺激してくれます。
痛いと感じるかもしれませんが、それはツボにしっかり圧力を加えている証拠。
終わった後に身体が軽くなります。
握力が弱く、腕も細い女性マッサージ師ではこうした本格的マッサージは期待できません。
加えて、男性の出張マッサージ師は需要が少ないなかで技量のみを頼りに業界を生き抜いてきた存在です。
マッサージの技術は皆ハイレベル、ハズレに当たる可能性が女性に比べて低いのです。
日々の仕事で心も体も疲れ切ってしまった時、体調が優れず体が重い時などは男性出張マッサージ師がおすすめです。
高い技量によって体中を揉みほぐしてくれますよ。

八丁堀は歴史と老舗の街です。

東京の八丁堀は、東京都中央区にある地名で、東京駅からも近く、百貨店や高級ブティックが並ぶ日本でも有名なトップレベルの街に繋がっています。江戸時代、八丁堀は、江戸と神田と日本橋の境界となっていた堀で、開拓された堀の長さが8町(約873m)あったので八丁堀と呼ばれるようになったようです。江戸町奉行配下の与力・同心の町でした。与力は徳川家の直臣です。同心はその配下の侍で、帯に十手を差し、江戸の治安に活躍し、庶民の味方でした。歴史に興味のある人にはとても興味深い町です。八丁堀に架かる亀島橋の近くに忠臣蔵で有名な赤穂浪士のひとりの堀部安兵衛武庸之碑も立っています。1892年(明治25年)に創業のお蕎麦屋さん「あさだ」は、戦後の食糧難でそば粉がなかなか手にはいらなかった時に、お茶を混ぜたお蕎麦をだしていたそうです。今でも、宇治抹茶を混ぜた蕎麦を提供しています。八丁堀近くの新富町で50年の老舗洋食店「洋食新富 煉瓦亭」は落ち着いた雰囲気の本格洋食屋さんもあります。

トップに戻る