小嶋屋ってどんな会社?

小嶋屋は、新潟の食文化
「へぎそば」を創り、育て、
長年に渡って受け継いできました。

越後十日町 小嶋屋 株式会社小嶋屋 副社長
小林 雄

小嶋屋は普通の「そば屋」ではありません。

小嶋屋は、「へぎそば」をはじめとした料理を食べさせるだけの普通の「そば屋」ではなく、地域の人々に本場の「へぎそば」を食べてもらいながら、お客様と楽しく話をしたり、思い出話に浸ったりするような人間味あふれるお店です。この新潟の地に深く溶け込んで、感動的な沢山の人間模様が描かれているようなお店なのです。

また、飲食店なので体のエネルギーとなる食べ物を出すのはもちろんですが、それだけではなくスタッフの活気溢れるサービスと対応により元気になってもらう事で、お客様の心と体の両方の健康にも気を使っています。

「へぎそばの文化」は小嶋屋が、
創業から3代に渡って着実に育ててきたもの。

「へぎそば」は新潟の代表的な食べ物と言われるまでになっていますが、100年前には全くなかったものです。この「へぎそばの文化」は小嶋屋が、創業から3代に渡って着実に育ててきたものです。その結果現在では、新潟の人々にとって「そば」と言えば「へぎそば」。「へぎそば」が「そば」のスタンダードといわれるまでなりました。

そして、『新潟と言えば、へぎそばだよね~』、『新潟に来たらやっぱりへぎそばだよ~』と、お客様に言ってもらえる事が非常にありがたいと思っています。また、県外から来て初めて「へぎそば」を知ったお客様からは『ああ、こんなそばがあるんだ!』と感動してもらえるので、本当に色々な人々に貢献できているんだなという喜びを感じています。

小嶋屋が恩恵を受けてきた地域社会への恩返しを始めています。


小嶋屋が長年この地で商売を続けることが出来たのは、やはり新潟という地域社会の恩恵があったからだと思っています。そしてその恩返しとして、小嶋屋は地域の社会貢献になるような様々な事にも取り組み始めています。

今後も新潟地域において「へぎそば文化」の継承と発信を行い、地域の人々の人生の一部のような存在になっていきたいと思っています。